fc2ブログ

生後6ヶ月から日本脳炎ワクチン接種を

 はやいものでもう3月ですね。春の嵐のような天気が続いているところもあるようですが、幸いこちらは春の日差しですね。
 さて、この度、日本小児科学会から『日本脳炎流行地域に渡航・滞在する小児、最近日本脳炎患者が発生した地域・ぶたの日本脳炎抗体保有率が高い地域に居住する小児に対しては、生後6か月から日本脳炎ワクチンの接種を開始することが推奨されます。』という文章が出されました。南九州は昔からぶたの日本脳炎抗体保有率が高い地域でしたので当院では生後6ヶ月からの接種を推奨していたことも有り、多くの子ども達が生後6ヶ月から受けてくれています。小児科学会からのお墨付きをもらった形です。
 *最近の小児の日本脳炎罹患状況をみると、熊本県で2006年に3歳児、2009年に7歳児、高知県で2009年に1歳児、山口県で2010年に6歳児、沖縄県で2011年に1歳児、福岡県で10歳児、兵庫県で2013年に5歳児の報告があります。また、2015年千葉県において生後11か月児の日本脳炎症例(残念なことに後遺症を残したようです)が報告されました。
 以下は日本のぶたの日本脳炎抗体保有状況です。
img290_convert_20160301110257.jpg

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する