FC2ブログ

今年初の当直

 27日は今年初の宮崎市夜間急病センターの当直でした。前日まで落ち着いているという情報だったのですが、実際いってみると準夜帯の人数を上回る子どもが訪れた深夜帯、眠れぬ当直でした。準夜帯も熱性痙攣や薬物中毒、急性中耳炎と県病院に紹介になったケースが相次いだようですが、深夜帯も交代するやいなや熱性痙攣で救急車搬入。ダイアップ座薬でもけいれんが断続的に起きる状態でしたが、県病院も大変な状況でこちらで様子を見ることに。そうこうするうちにインフルエンザを心配した来院や腹痛、嘔吐、再び熱性痙攣で救急車搬入と寝るまもなく、最後は明け方に腹痛で歩くこともままならないという10歳の女児が救急車搬入。ストレッチャーに乗せられてきて、診察台にも横になれないような状態。なんとか診察して便秘疑いで浣腸したところ、硬便が多量に出て、その後は歩行も可に。母親が思わず『便秘だったんですか!?』。今回の当直では便秘による腹痛が二人。たかが便秘、されど便秘。これほど強い腹痛を訴えることもままあります。夜更かしせず、おやつに気をつけバランスの取れた食事や適度な運動も心掛けて便通をよくしましょう。
 *インフルエンザの迅速検査は、高熱が出て少なくとも12時間くらい経過してからがいいようです。熱が出たからといってすぐ急病センター受診しても検査はできません。今からは待合もごったがえします。他の症状が落ち着いているときは、翌日かかりつけ医を受診することで十分間に合いますよ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する