FC2ブログ

医学の進歩

 アイスマンの胃にもピロリ菌がいたことが報道されていましたが、先日京都大学・東京大学・神戸大学の研究チームは、胃がんの原因となるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が、血流に乗って他の病気の原因となっている可能性を示唆する論文を発表しました。このピロリ菌が関与する病気としては、消化性潰瘍や胃がんがよく知られていますが、特発性血小板減少性紫斑病の一因ともなっていて、ピロリ菌の除菌は保険適応になっています。これ以外にも新たな病因としてクローズアップされる日も近いかな。血流に乗ってといえば、片頭痛の原因の一つとして、心臓に空いた小さな穴(卵円孔)からセロトニンが脳に到達していくケースがあるということで、この穴を閉じることで片頭痛が改善する人がいるとのこと。思いもよらぬ治療法の登場。いろんな病気で治療の選択肢が増えていくといいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する