fc2ブログ

流行性角結膜炎の警報発令

県内では5年ぶりに流行性角結膜炎が警報レベルに達したとの発表がありました。患者の年齢別では、5歳未満と30代がそれぞれ全体の3割を占めているようです。俗にはやり目とも呼ばれる流行性角結膜炎は、主にD 群のアデノウイルスによる疾患で、主として手を介した接触により感染します。潜伏期は2日〜14日で、涙や目やにで汚染された指やタオル等から感染することが多いといわれています。角膜に傷が残ると後遺症として視力障害を残すことがあります。登園、登校の目安は医師において感染の恐れがないと認められるまで(結膜炎の症状が消失してから)とされています。ウイルスは1ヶ月ほど排泄されるので、登園、登校後も手洗いをしっかり続けてくださいね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する