FC2ブログ

第26回日本小児科医会総会

 土曜午後休診でご迷惑をおかけしましたが、6月13(土)の午後〜14(日)、大分で開催された日本小児科医会総会に出席してきました。初めて東九州自動車道を通って大分まで往復しました。対面通行のトンネルが多かったですね。さて、今回は予防接種がテーマの演題やシンポジウムが多かった印象です。子どもたちの予防接種は充実してきましたが、今後は思春期以降の子どもたちや、成人にとって予防接種の重要性が増しそうです。MRⅢ、Ⅳ期未接種者や十代以降の百日咳の増加、B型肝炎の問題等、子どもだけでなく、大人でも母子手帳の確認する必要があるようです。今回は最後のプログラム『地域総合小児医療認定医制度を語る集い ~将来の地域小児医療とその担い手~』と題したシンポジウムで、『過疎地域の小児医療の将来』と題して話してきました。私の講演はさておき、他の著名な先生の講演に刺激を受けて帰ってきました。小児医療の将来が明るくなるよう、もうひと踏ん張りしたいと改めて思った次第です。*今日は短時間でしたが、お世話になっている東京の三宅先生の御家族にも会うことができました。三宅先生の出身地で久しぶりの再会でした。別の意味でも学会に参加した甲斐がありました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する