FC2ブログ

関門

 生きていく上でもいろんな関門があると思いますが、脳にも[血液脳関門]という脳の神経細胞の働きを守るバリアー機能がありますが、脳の病気を治療する上ではこの関門が治療を困難にしています。この脳血液関門を越えて脳に薬剤を送る技術が、名古屋大学や東京大学で開発され、実用化に向けて研究が進んでいるようです。脳腫瘍やアルツハイマー型認知症、パーキンソン病など脳内の病気の治療効果が高まることが期待されています。このようなニュースが流れると、そのような病気に罹っている人は少しでも早く使えることを望むのが人情。現在の治療が困難になっている方は、治験でもいいから使って欲しいと思うのでは。不幸にして間に合わなかった方の身内は、もう少し早く開発されていればと悔しい思いをすることもあるでしょうね。*外来では、ロタウイルスによる嘔吐下痢症がまだ流行中で、今日も点滴を3人にしています。あの時予防接種を受けておけばと思っている方もいらっしゃるかも。県内でも児湯地域は任意接種であるロタやおたふくかぜ、B型肝炎ワクチンの補助が出ている恵まれた地域です。是非、このメリットを生かして欲しいと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する