FC2ブログ

当地の感染症動向

 全国的にはRSウイルス感染症が11月の最終週で過去10年で最多になったとの報道がありましたが、児湯周辺ではそれほどでもありません。今の時期に!?と思えるヘルパンギーナや手足口病が小流行しているのと、嘔吐や下痢などの胃腸炎症状を呈する子どもが増えています。当院でも、昨日も久し振りに嘔吐下痢で点滴加療の子どもが複数ありました。お母さんも子どもの看病で感染したと思われ、一緒に点滴となりました。子どもも大変だけどお母さんがダウンするとかなりの痛手。吐物や下痢の処置をしっかししないと家族が全滅ということにもなりかねません。胃腸炎は経口感染だけでなく、塵埃感染といって、吐物が乾燥してそこに含まれていたウイルスが空気中に漂い、それを吸い込むことによって感染することもあります。吐いた時は広範囲を次亜塩素酸を含む溶液でしっかり拭き、拭いたものや汚染されたものはビニール袋に密閉してゴミに出しましょう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する