FC2ブログ

LOVE

『みやざき中央新聞』2578号にシンガーソングライター&カウンセラーという『えっ!?』と思わず言ってしまいそうな肩書きを持つ南修治さんの話が載っていました。それに、LOVEという言葉について書いてありました。これはもともと英語圏になく、聖書の「神様が無条件に私達を愛してくれた」と言うことを訳していく中で、愛することを説明する四つの行為の頭文字を取って作られた言葉だという説明がありました。LはListen(耳を傾けて聞く)、OはOver Look(細かいことは見ず、全体を見る)、VはVoice(声をかける)、EはExcuse(赦す)。相手の話に耳を傾け、全体を見つめながらその存在を認め、声を掛けて、すべてを赦すことが、愛することなんだと。よく見聞きする言葉もその成り立ちを知ると、ちょっと心豊かになったような、楽しい気分に。より愛着も湧いてきますね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する