fc2ブログ

読書の秋

 子どもは絵本が好きですね。昨日も何冊も手にして診察室に入ってきた子どもがいました。もうすぐ2歳になる私の孫も絵本が好きで本屋さんの絵本コーナーでは『これ読む!』と言って、十数冊を本棚の前で何回も読まされました(本屋さん、立ち読みならぬ座り読みしてごめんなさいm(_ _)m。さて、最近読んだ本をいくつか紹介。『シャバはつらいよ』大野 更紗 著 ポプラ社。難病を患った著者が入院生活を切り上げて自活した経験談を綴ったもの。いろんな困難をかかえながら前向きに生きている姿勢が、周りを味方にしながら新たなパワーを生み出しているように思えます。秋の夜長、読み出したら止まらない!?寝不足にならないように注意が必要な推理小説は『ハリー・クバート事件 上、下』 ジョエル・ディケール 著 東京創元社。各章の最初の言葉も意味深い。その他の読了本。『ファイト!木津西高校生徒会』本田有明 河出書房新書。『駄作』 ジェシー・ケラーマン 著 早川書房。『昨夜のカレー・明日のパン』 木皿 泉 著 河出書房。『人体の物語 〜解剖学から見たヒトの不思議〜』ヒュー・オールダシー 著 早川書房。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する