FC2ブログ

ワクチン接種方法の進歩

 今日の日経に高齢者向けの肺炎球菌ワクチンで鼻に吹きかけるタイプを開発し、高齢者が罹りやすい肺炎球菌のほぼすべてのタイプに効果があることを確認したとの報道がありました。アメリカではインフルエンザワクチンで鼻から投与するタイプが認められていますが、注射の場合より効果も優れているようです。また、同じくアメリカでは、昨年から針を用いない注射デバイスが認められました。まだ対象は18歳以上ですが、多くのワクチンが注射針を刺すタイプから経鼻あるいは経皮に変わると子どもたちも随分楽に受けられますね。*日本でもインフルエンザの経鼻タイプは、年内の承認申請を目指している企業があるようです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する