FC2ブログ

検査機器の進歩

 いろんな迅速検査キットが開発され、当院でもインフルエンザ、溶連菌、RSウイルス、アデノウイルス、マイコプラズマ、ロタおよびノロウイルスの迅速診断が可能になっていますが、その判定のほとんどは目視による判定でした。一昨年から、一部機械による判定を導入し、微妙な判定の際のストレスがかなり減りました。今月は院内の尿検査にも機器を導入して、自動化を図りました。今回の機械は試験紙を台に乗せるとあとは全て自動化され、1分で結果がプリントアウトされてきます。尿蛋白の量や尿中白血球数まで出ます。検査時間の短縮と検査するナースの負担も減り、より正確な検査結果が出るようになりました。当院の規模だとこれほどの機器は必要ないのかもしれませんが、せっかくなので上位機種を導入しました。そしたら、キャンペーン中だったとかで、あとで血糖測定器もサービスでついて来るそうです。まったく期待してなかったのでちょっと得した気分。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する