FC2ブログ

日本小児科医会総会

 盛岡では最初に「国際化する小児科外来〜海外に羽ばたく子どもたちへのメディカル・サポートのために」と題されたミニシンポジウムに参加しました。当院でも海外留学やご主人の海外赴任のための予防接種等の相談、また、国際結婚されていて、海外の実家から帰ってこられた直後の熱発などにも対処しなければならなくなってきていますので、「知っておきたい海外医療情報源」「海外へ出かける子どもの予防接種」「日常診療の中にも海外帰りの子どもたち〜お持ち帰り感染症に注意!」という講演はためになりました。アメリカでは国が必須と定めた予防接種を受けていないと入園、入学が出来ないとのことで、出国までにいかに効率よく予防接種スケジュールを立てるか、日本の定期接種は海外では最低限受けるべき予防接種だということ、また、BCGの記載の仕方が違うようで書き方に注意しないといけないなどためになりました。午後の横田俊平Drの特別講演「小児医療の温故知新〜行動する小児医療に向けて〜」は、長年研究されてきた小児のリウマチから最近の若年性線維筋痛症の原因と対処の仕方、Neuroinflammation disorderに関する新知見など今まで治療法がないと思われていた疾患にも希望が見えてきたと感じさせるものでした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する