FC2ブログ

インフルエンザワクチン

 明日から10月というこの時期に、またまた台風が近づいていますね。気をつけてくださいね。
さて、当院ではインフルエンザの予防接種の予約受付を10月1日から始め、18日からいよいよ予防接種の開始です。それに先立ち、インフルエンザの話題をひとつ。「インフルエンザワクチンは効くの?」と素朴な疑問を持ってらっしゃる方もおられることと思います。今年、予防接種に詳しい崎山小児科の崎山 弘先生による講演『インフルエンザワクチンの効果;意外と知られていない有効性と安全性』が宮崎市で行われました。その講演内容の要旨(有効性)を以下に紹介します。
 『ワクチンの効き目を理解するために、先ず効果と効能という言葉の違いを理解する必要があります。
 1)効果は、ワクチンによって実際に得られた利益を示します。すなわち「インフルエンザワクチンを打った結果としてそのシーズンにインフルエンザに罹患しなかった」という意味です。インフルエンザワクチンを接種しなくてもインフルエンザに罹患しない人もいるので、得られた結果としての効果が、本当にワクチンによるものかを判断することは困難です。
 2)効能は、理想的な集団において最大限期待できる効果を意味します。ワクチンを接種することによって罹患が防げることが期待できる程度を表し、予防接種の有効性は本来この効能で表されます。
 で、その効能はというと、過去に発表された論文等を分析した結果、ウイルス分離でインフルエンザをしっかり診断した場合で効能は65%、厳密なウイルス分離ではなく、インフルエンザと風邪つまりインフルエンザ様疾患を区別しないで診断した場合は34%という結果だった』そうです。インフルエンザの効能は34~65%というところでしょうか。
 ☆ワクチンは接種して効果が出るまでには数週間が必要です。また寒くなると風邪も引きやすくなります。その辺を考慮して接種計画を立ててくださいね。
 ちなみに今年のワクチン株はA/Brisbane(ブリスベン)/59/2007(H1N1)
                  A/Uruguay(ウルグアイ)/716/2007(H3N2)
                  B/Florida(フロリダ)/4/2006 で昨年とは大幅に異なっています。
 *なんと、9月に東京杉並で小学生7名がインフルエンザ罹患という情報が入ってきました。どうもB型のようです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する