FC2ブログ

絵本選びで感じたこと

 以前は、時間があると本屋さんに行って、いろんなジャンルの本棚を見て、本を手に取ってみるのが好きでした。最近は、わざわざ出かけていくのがおっくうになり、新聞などの書評や、ネットで内容を見て注文することが多くなっていました。今日、陽気に誘われて久しぶりに本屋さんへ行ってみてびっくり。待合に置く絵本を選ぼうとしたのですが、読んでみたいと興味をそそられた本にはビニールでカバーがしてあって読めませんでした。ちょっとがっかり。絵本は一度読んだらおしまいという訳ではなくて、いい絵本は何度も手にとってめくりたくなるものです。町の書店は、立ち読みや万引きが多くて大変と聞きますが、そのせいもあるのかな。そういえば佐賀の図書館が、運営を民間にまかせて、ちょっと遅くまで営業したり、コーヒーを飲みながら本を読めるようにしたりして、利用者が増えたというようなことをニュースで言っていましたが、店員さん手書きのポップで、その本の良さを端的にアピールしている本屋さんもあります。そこにもう一度行きたいといかに思ってもらえるか、独自の特色をいかに出せるか。本屋さんだけではないですけどね。そういう意味では、木城の「えほんの郷」は、少し辺鄙なところにあるけど、そのコンセプトと知名度はすごいな、なんてことを考えた一日でした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する