FC2ブログ

休日在宅医

 25日(日)の休日在宅医は24日(土)同様、熱発での受診が多く、年末年始のような忙しさでした。待ち時間が長くなったことをお詫び致します。RSやアデノウイルス感染症は多くなく、熱のみで他の症状がないケースと熱と嘔吐のケースが大半でした。ときどき熱中症を疑わせる子どももいましたが、この子どもたちに特徴的なのは夜更かしをして翌日朝から部活というパターンでした。熱中症の予防には水分、塩分だけでなく十分な睡眠も大事ですね。

連休明けの土曜日

 巷では4連休のさなかで、昨日はオリンピックが開幕。土曜仕事の当院は明日の日曜は在宅医なので次の週末まで休みなし。RSが落ち着きつつあるかなと思っていたら、原因不明の発熱が多いようです。新型コロナ流行中で、熱があると隔離室での診察になります。当院のような小さな診療所では隔離室が一つだけなので、熱発が多くなると必然的に待ち時間が長くなります。診察が終わり次第車中で待ってもらい、その間に部屋の消毒、また車中まで薬等を届けるなど、できるだけの事をしていますが、なかなかです。今日、土曜は帰省されている方の受診も加わり、午前中が久しぶりに混雑しました。ご迷惑をおかけした方も多いかと思いますが、この場を借りてお詫び致します。
 

園医部会総会

 7月2日夜は県医師会館で園医部会総会が開催されました。他の会議同様Webと現地のハイブリッド開催。昨年は訪問救急教室も実施できたのは6割。後はコロナの影響で中止となりました。今現在も新型コロナがまだ終息していないので、今年はオンデマンド方式であらかじめ収録した映像を希望する園に配信することになりました。多くの園に配信されることを期待しています。また、園の先生等も参加して行われてきた研修会も現時点では開催出来ず、園医向けの新型コロナ関連の講演をWebと現地のハイブリッド開催することになりました。来年は通常通りに事業ができればと切に思います。今の状況が続けば、予算が許せばですが、研修会もオンデマンド方式を考えないといけないかもしれませんね。

心臓検診委員会

 6月最後の夜、児湯医師会館で心臓検診委員会がありました。児湯管内の小・中・高等学校の心電図を循環器専門医にみていただき、その判読結果を心電図と各自の問診とをつきあわせ、どのような方針にするかを3人で協議します。今回は328名が検討対象となり、2時間程かかりました。結果その40%弱が受診勧告となりました。心臓検診の結果はみなさん真摯に受け止められて循環器専門医を受診される方が多く、この時期循環器専門医は忙しくなるそうです。同時期に行われる腎臓検診の方は、受診を促されても受診する人が少ないのがいつも問題になります。腎臓も心臓に負けず劣らず大切な臓器です。要精密になったお子さんは必ず受診してくださいね。

七夕

 6月最後の日に、今年も高鍋町立わかば保育園の園児が元気のいい挨拶と一緒に七夕飾りを持ってきてくれました。昨年は高鍋でクラスターが発生し大変でしたが、今年は幸いクラスターは発生していません。来年こそは新型コロナの心配が少なくなっていることを願いたいですね。子ども達はどんな願い事をするのかな。
IMG_0848_convert_20210630112452.jpeg