FC2ブログ

初・・・

正月行事の一つに書き初め等がありますが、私の初打ち(テニス)は5日の午後、そして今日は初jジョギングでした。空には満月が雲のせいか、淡い橙色で暖かい天気にマッチしていました。走ろうと家を出る前はTシャツにパーカーを羽織っていたのですが、いざ外に出てみると寒くなく途中できっとじゃまになると置いていきました。帰り着く頃には気持ち良い汗。今年は暖冬ですね。昨日児湯医師会理事会があったのですが、その時元旦、二日と休日在宅医の先生がそろっておっしゃっていたのは、暖冬のせいかいつもの混雑はなく、インフルエンザも少なくゆっくり昼食が取れたと。かなり先の話ですが、当院は来年の元旦が休日在宅医に当たっています。来年も同様の傾向が続くかな。地球温暖化は問題ですが、冬暖かいのは過ごしやすいですね。
 *1月12日(日)は、今年初の休日在宅医です。

インフルエンザの予防接種

 昨年は10月初めからインフルエンザの予防接種を受ける人が多く、例年より多くの方が予防接種を受けられました。その成果インフルエンザにかかった数も当院では昨年より少ない感じです。ただ、さすがにここにきてインフルエンザワクチンの在庫が少なくなりました。12月末や昨日もインフルエンザの予防接種が1回目の子どもさんがいましたが、在庫がなくなり次第インフルエンザの予防接種は終了させていただきます。希望される方は早めに予約をお願い致します。今期は途中でワクチン不足が起きることなく接種できてホッとしています。あとはどれだけ効果があったかですね。

子どもにクスリをのませるコツ

一般社団法人「薬の適正使用協議会」のHPに『子どもにくすりをのませるコツ』というコーナーがアップされました。
下記サイトを参照してください。くすりをのむタイミングQ&A等役立つ知識が得られますよ。
 当院外来にも同サイトを印刷したものを用意しましたので、待ち時間等に手に取ってみて下さい。
http://www.rad-ar.or.jp/use/child/index.html

花粉症

 鼻炎症状を訴える子どもが増えた印象ですが、なんと10月27日には宮崎市(安達耳鼻咽喉科)でスギ花粉が観測されています。当日観測された花粉はキク科(ヨモギ・ブタクサ含む):5個、スギ花粉:4個、イネ科花粉:7個で、安達Drによるとこの時期狂い飛散として度々観察されるようですが、一日で4個も観察される事は少ないとのことです。11月には大量の黄砂が観察されていますが、黄砂等が花粉に混ざって飛散すると極少数の花粉でも想像以上に強い花粉症症状を発症するようです。花粉症のある方には嫌な季節が既に始まっているようですね。

今期のインフルエンザの治療に関して

日本小児科学会HPの「2019/2020 シーズンのインフルエンザ治療指針」では、選択薬の項で新たにバロキサビル マルボキシル(商品名:ゾフルーザ)を追加しましたが、一方で、同薬に関する記載を大幅に追加し、薬剤耐性ウイルスの出現などを理由に「12歳未満の小児に対する同薬の積極的な投与を推奨しない」と明記しています。感染症学会も同様に12歳未満への慎重投与を提言していますので、当院でもこれらの指針にのっとり、12歳未満の小児には原則ゾフルーザの処方をしないことにしました。評価が定まった時点で再考したいと思いますので、ご理解下さい。