イタリア予防接種事情

日本小児科医会の伊藤役員から『イタリア予防接種事情』という記事を紹介していただきました。
以下引用。
『イタリア政府は19日、麻疹(はしか)患者の急増を受け、一連の予防接種を就学の条件とする新政令を承認した。・・・ これにより、国立の保育園や小学校に入る6歳以下の子どもはポリオ、ジフテリア、破傷風、B型肝炎、ヘモフィルス・インフルエンザb型菌(Hib)、B型髄膜炎、C型髄膜炎、麻疹、風疹、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、百日ぜき、水痘(みずぼうそう)の12種類の病気の予防接種を受けることが義務付けられる。イタリアでは6歳から義務教育を受け始めるが、この年齢を超えた子どもが予防接種を受けていない場合、保護者には罰金が科されることになる。』保護者から罰金とはすごいですね。日本では受けたくてもワクチンが不足して受けることができないということを早期に解決してほしいものです。

理事会

朝6時過ぎに家を出て朝一の羽田空港行きに搭乗しました。今日は今年度第1回の日本小児科医会の理事会でした。いつものように分厚い資料が机の上に。お弁当を食べながら目を通して12:30から会議開始です。審議事項や報告が盛りだくさんでしたが、各団体との意見交換の報告が印象に残ったのでご紹介します。日本眼科医会から『近視の進行を抑制するのは、外で過ごす時間が3時間以上必要ということは明確』とのこと。今の子ども達にはとても無理かな。日本小児歯科学会からは『噛まないと話す、構音にも影響が出てくる。テレビなどを消して食事、噛むことに集中させてもらうと言葉の出が良くなる経験は多い』こちらはすぐにでも始められますね! それにしても最近の飛行機は空港が過密気味なのか、遅れるのが日常茶飯事⁉️日帰りで帰りが遅くなるのは流石にきついですね。

宮崎市で麻しん発生

 タイから一時帰省中の20代女性が麻しんに罹患していることが判明。発熱、発疹が出ていたにもかかわらず飛行機で帰省。詳しくは宮崎県小児科医会HPをご覧になって下さい。閉ざされた空間で、感受性者に感染が拡大している可能性があります。MRワクチンをまだ接種していない方は早急に接種して下さい。
 *11日&18日木曜の午後は、西小学校の健診でした。11日は、小学校1年生〜3年生、18日は4年生〜6年生だったのですが、昨日の高学年は1学年3クラス、11日の健診は1学年2クラス、確実に少子化は進んでいるのを実感しました。

○○指数

  17日午前中は、保育園健診で不在の時間がありご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。高鍋町で唯一の町立保育園となったわかば保育園の健診、今日は104名でした。かなりの大所帯ですが無事時間内に終わりました。
 さて、○○指数ときいて○○には何が入りますか。知能指数、物価指数・・・。紫外線が強くなるこの頃、紫外線指数というものをみてみようと思ったら、今日本気象協会のホームページには通年で紫外線以外にも洗濯、服装、お出かけ、星空、傘、体感、洗車、レジャー、のど飴、夏期:不快、汗かき、冷房、アイス、ビール、除菌指数まで載っていました。ビックリですね。
http://www.tenki.jp/indexes

保育園健診のお知らせ

 14日は休日在宅医でしたが、インフルエンザも終息に向かい落ち着いていました。その中では溶連菌と手足口病が多い印象でした。手足口病は、口内炎も軽度の軽いタイプから、ハデハデ手足口までバラエティーに富んでいました。
 さて、この時期は保育園健診が平日の午前中に入っています。17日(水)は、高鍋町立わかば保育園健診で、9時40分〜11時まで、
23日(火)は、一真持田保育園健診のため、同じく9時40分〜11時まで不在となり通常診療が出来ません。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。